KNOWLEDGE 不動産売却の基礎知識

  • ホーム  >  
  • 不動産売却の基礎知識

KNOWLEDGE
不動産売却を成功させるための基礎知識

多くの方にとって不動産売却は「初めての経験」ではないでしょうか。だからこそ、「いくらで売れるのだろう」と期待する反面、「どうやって売るの?」「必要なこと・ものって何?」といった不安や疑問もあると思います。
不動産売却を成功させるためには、正しい知識を得て不安や疑問をできるかぎり解消させることが大切です。

ここでは空き家の買取や名古屋市で不動産売却を対応している「リラックホーム」が不動産売却に必要な基礎知識をまとめてご紹介します。

不動産売却でこんなお悩みありませんか? Knowledge

  • 不動産を売却したいけど、何から始めたらいいかわからない
  • 不動産を売却する方法って何があるの?
  • 不動産売却に必要な書類って何?
  • 不動産屋ってどこも一緒だから大手不動産会社に相談すればいいのでは?
  • 実家が空き家なので買取ってもらいたい
  • 確定申告の手続きが不安、税金関係がよくわからない

「大手不動産会社だから大丈夫」という思い込みで損をするかもしれません Knowledge

「大手不動産会社だから大丈夫」という思い込みで損をするかもしれません

「大手不動産会社にお願いすれば大丈夫」という安心感から大手不動産会社への依頼を検討されている方も多いのではないでしょうか。たしかに、大手不動産会社は組織力がありCMで認知されている安心感があります。しかし、大手不動産会社にありがちな深刻なデメリットがあるのも事実です。

実は、大手不動産会社は毎月のノルマが厳しいことが多くあります。たとえば、囲い込みにより売主様・買主様双方から手数料を得るようなところもあります。囲い込みは売主様にとってデメリットとなりやすいものです。

また、全国的なトレンド把握は得意とするものの、名古屋市の情報やニーズについてはあまり把握できていない傾向にあります。そのため、より高く・より早く売れるチャンスを逃すことも珍しくありません。

このように、大手不動産会社にはメリットだけでなくデメリットもたくさんあります。「大手不動産会社だから大丈夫」と安心しきってしまうと損してしまう可能性があります。不動産会社を選ぶ際は「大手不動産会社だから」「有名だから」という判断よりも「信頼できるかどうか」を基準にされることをおすすめいたします。

リラックホームの代表髙崎は名古屋市名東区の出身です!

「大手不動産会社だから大丈夫」という思い込みで損をするかもしれません

不動産売却では物件のある名古屋市の情報を収集し分析する力が大切とされます。名古屋市の特性やニーズを理解していれば、どのようにアピールすれば有利な条件で売れるのかや、空き家の買取後もどのように再販するかを判断し実践することができるためです。

リラックホーム代表の髙崎は名古屋市名東区の出身です。名古屋で育ち、名古屋を愛し、名古屋の特性・土地柄を長く見続け知り尽くしています。地元出身の代表が運営する地域密着企業という強みを活かし、不動産の価値を正確に捉えお客様がご満足いただける不動産売却や空き家の買取を行います。

名古屋市の不動産売却や空き家なので買取なら、地域を知り尽くしたリラックホームへお気軽にご相談ください。

「仲介」と「買取」2種類の不動産売却方法 Knowledge

主な不動産売却方法として「仲介」と「買取」の2種類があります。

「仲介」は売主様から依頼を受けた不動産会社が販売活動を行い、一般の個人または法人の買主様を探す方法です。そのため販売期間が必要で、売却までに一般的には3~6ヶ月程度、長い場合で1年以上かかる場合があります。物件を市場に売り出すため地域の相場に沿った価格で成約する可能性が高いです。

「買取」は売主様の不動産を不動産会社が直接購入する方法です。不動産会社が買い手となるため販売期間は少なく、売主様の希望に合わせて売却スケジュールを進められます。ただし、買取後に不動産会社が再販する都合上、売却価格は市場相場よりも安くなる傾向にあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

仲介売却 買取
買い手 一般の個人または法人 不動産会社
売却までの期間 物件を市場に売り出して買い手を探すため売却までに時間がかかります。目安としては3~6ヶ月で、1年以上かかるケースもあります。 不動産会社が直接買い手となるため、ご相談からすぐに売却・現金化が可能です。
売却価格 地域の市場相場に沿った価格で売却できる可能性が高いです。 仲介売却よりも売却価格が安くなる傾向にあります。

不動産売却時に必要な書類 Knowledge

不動産売却を進めるためにはさまざまな書類が必要です。具体的にどのような書類を準備しなければならないのかをリストにしましたのでご覧ください。

必須な書類

1.本人確認書類
運転免許証やパスポート、各種健康保険証など、ご本人様確認をするのに必要な書類です。

2.実印
名義人本人様の実印が必要です。共有名義の場合は全員分必要となります。

3.印鑑証明書
実印を登録している市区町村にて3か月以内に発行されたものをご用意ください。

4.土地・建物登記済証または登記識別情報
物件所有者様が登記名義人であることを証明する書類です。

あればよりスムーズにお話ができる書類

1.固定資産税・都市計画税納税通知書
各自治体にて発行されて名義人様宛に送付されます。税額の確認、売却時に買主様との税負担割合の精算に必要となります。

2.管理規約・管理組合総会議事録等(マンションの場合)
マンションの規約や説明が記載された書類です。

3.建築確認通知書・検査済証
建物が建築基準法に従い建築されている、または工事・検査が完了していることを証明するものです。

4.測量図・建物図面・建築協定書
土地の境界線や建物の間取り等を明確に記した書類です。建築協定書は地域の取り決めを記した書類で必要があればご用意ください。

5.物件状況等報告書
建物や土地の状態・状況が記されています。

6.設備表
物件引き渡し時点でどのような設備があるのかを記載した書類です。

7.パンフレット等
物件購入当時のパンフレットや配布物等もあれば売却活動で利用できます。

不動産売却にかかる費用や税金はご存じですか?

不動産売却にかかる費用や税金はご存じですか?

不動産売却で得た資金を何に使おうか考えている方も多いのではないでしょうか。不動産は価値の大きな資産であるため、まとまった資金を得られやすいものです。

しかし、売却代金全てが手に入るわけではないのをご存知でしょうか。実は不動産を売却するためには、仲介手数料、引越し費用等の費用、印紙税や譲渡所得税等の税金がかかるのです。

売却時に焦ってしまわないためにも、具体的にどのような費用と税金が必要なのか事前にご確認ください。